教え子を育てたいなら教え子以上に教え子の理解者になりなさい

こんばんわmasayumeです

 

ネットビジネスで成果をあげれたので

皆さんに成果の出し方など教えていきたいと思います

 

 

成果を上げるのにつまづいてる方成果を上げれない人などに

ぜひ参考になって欲しいと思い記事を書いております

 

最後まで見て貰えば幸いです

 

 

今回のテーマは”教え子を育てるための工夫”について解説

 

 

ビジネスの中で一番難しいのは絶対にマネジメントです

人を育てるというのはもしかしたら簡単な人は

簡単かもしれませんが

 

 

ほとんどの人が次の任せるものがおらず

伸び悩んだりなど私もこの経験はかなりありますので

 

 

マネジメントはかなり難しいのです

 

 

まず自分の教え子を自分の言ってることを聞いてもらう

これも結構難しいです

 

 

なんで上司の言うことなんて聞かないといけないんだ?

そんな風に今の若い子っていうのは思うと思います

 

 

私もそうだったのでその若い子の気持ちがかなり

わかります

 

 

ってことで今回はこの教え子を育てる方法

そして指示をしっかり聞いてもらうためにどうするのか?

解説します

 

 

 

本気でその子を育てたいならその子のいいところを100個かけ

 

あなたはその子の理解者になることでどのように

変化するのか?解説します

 

 

自分より自分のことをわかってくれている人の話は聞く

 

 

 

昨日の記事でも説明した通り伝える力がある人は

言葉と行動が一致してる人と伝えました

 

 

なのでしっかり相手に伝える方法としてもっと具体的な

方法を今回は書いていきます

 

 

それはその子のいいところをノートに100個書くことです

 

 

それをすることでどうなるのか?

それはその子ことを理解することになります

 

 

そして一度描いてみてください描いた人が絶対に

わかることそれは全然書けねーってなります

 

 

それはその子ことを全然知っていて全然知れてないのです

 

 

だからもっと知るためにコミュニケーションを取ったりなど

行動に変化が確実に生まれてくるはずです

 

 

じゃあ教えこも私の事を理解してくれようとしてるその行動が

確実に相手に響くのです

 

 

そうなるとこちらの指示も通りやすくなり

あなたも仕事がスムーズになったり業績が上がったりします

 

 

そしてそれだけじゃないです一番の理解者が近くにいるのです

確実にその仕事を辞めたいならないのです

 

離職率も低下できるそんなメリットがあるので

一石二鳥どころかって感じですね

 

まとめ

 

あなたがもし教え子を本気で育てたいなら理解者になる事

 

相手に伝えるには言葉と行動を一致させておく

なのでしっかり理解するためにその子の

 

いいところを100個かく絶対に書けないから

 

もっと知るように努力して正のスパイラルをまわして

仕事を円滑に回して行こう