成功したいなら周りと違う行動しないといけない説

こんばんわmasayumeです

ネットビジネスだけで2019年1月で月収250万を達成しました

自由にPCだけで稼げる情報を提供しております

あなたがもし会社員で成功して稼げるようになって

幸せになりたいとか幸せにしてあげたい人がいるとか

億万長者になるなど自分は他とは違くて才能があるなど

野心などを燃やしているなら周りと違うことをしないといけません

・成功している人と成功してない人

・稼げていて自由に暮らしている人と雇われていて

時間拘束されている人と

どっちの人が多いのか?を考えた時にどっちのが多いと思いますか?

答えは誰でもわかりますよね?

ってことで今回は周りと違う行動をしないと人生を変えることができないよ

という話をさせて頂きますので興味があるかたは最後までご覧ください

masayumeの様にコンテンツ販売で月収100万稼げ興味がある人は

下記をClick↓

   

違う考えは嫌われてしまうかもしれない

経営者思考とサラリーマンの思考というのは全然違います

視点も行動も時間の使い方も全てが違います

なのでもしあなたがもし成功したいならこの経営者思考にまずしないと

いけませんがもちろん周りはサラリーマン思考だらけです

なので嫌われてしまうとか考えが合わないってなってしまうかもしれません

私も会社員時代は仲間外れだったもしくはそうしていた

私は会社員時代から自分は経営になりたい

社長になって稼げる男になりたいとずっと考えていました

なので本を読んだりして、自分もいつかは成功したいなど常に思っていました

なのでビジネスに取り組んだり色々経済の勉強だったり

経営の勉強をしていくと会社員の仕事がアホらしくなってくるのです

  • なんでこんなに頑張っているのに給料が20万なんだ?
  • どうやったら稼げるようになるんだ?
  • どうやったら月収をあげれるんだ?
  • 人間関係がしんどいし改善したいけど雇われだから仕方ないか

常に頭の中にこんなことを考えていたので同僚と仲良くしたいとか

飲みに行きたいとか遊びに行きたいなど全く思わなかったですし

なのでかなり仲間の輪に全然入らなかったのです

もしくはこんなしょうもないプライドが邪魔をしていたのがあります

別に仲良くすればよかったかもしれませんが

俺は違う考えだし君たちとは違うみたいなことを一生思ってました

今思えば本当に申し訳ない事をしてたと思いますし

人間として失格だなとすごく感じますが

でもこれで良かったと思っております仕事が終わった瞬間に

ネットビジネスの勉強だったりビジネスの勉強に集中ができました

周りと違う行動しないと成功しない

中途半端に仲良くしていたら飲みに誘われたりして

稼げる自分になるまでどんどん時間が奪われて遠くなってくる気がして

私はそれはかなりのデメリットと考えてました

なのでそんな行動をしていたかもしれません

もっと仲間の付き合い方を工夫する仕方はあったかもしれませんが

不器用な男だったのでそんな器用な事はできませんでした

しかし私も会社員時代を経験しているので仕事が終わってから

プラス@副業を回すしんどさはかなり痛感します

  • しんどいですよね?
  • これで成功するのか?って不安ですよね?

でもこれを超えないと成功はないのです

成功している人稼いでる人はこれ以上に行動しているのです

そりゃ会社員の人は負けてしまいます

まず時間がないのでだからこの時間の使い方がかなり重要な訳です

だから違う行動と考えが必要な訳ですね

でも結局自分がどうなりたいか?で優先順位を考えたらいい

私は稼げるようになるまでこの今の行動って未来影響するかな?

って常に考えてましたじゃあ未来のためになるのは

書籍を読んで知識をつけるとかネットビジネスで稼げる商材を探すとか

優秀なビジネスパートナーを探すなど

手段はいくつもある訳ですが

成功するために自ら仲間外れになって

ネットビジネスの時間を費やすのが一番成功に近づいてるのであれば

そうしたらいいし飲みに行っても副業の時間を作れる工夫ができるなら

したらいいと思います

成功仕方なんて正解はないしいつそんなタイミングが良い波がくるかは

わからないですが結局自分が将来どうなりたいか?

その近道が一番どれが良いのか?を常に考える事だと思います

私は今回の記事ように考えて行動をしたから今があります

あなたも自分の成功の仕方将来どうなりたいか?を考えてください

でも人と違う物を得るというのは違うことをしないと得ることが

できないというのだけ理解してください

masayumeの様にコンテンツ販売で月収100万稼げ興味がある人は

下記をClick↓