最近までわかってなかった起業家、企業家、事業家、実業家の違い

俺は実業家だとか、起業家だとか言われている方が多いですが、

ビジネス素人の方はこの違いが正直わからないのではないでしょうか?

調べて見ればなるほどと感じますのでご紹介させて頂きます。

経営者の中でも種類があるので理解しよう

まずは経営者とはなんなのか?

経営者とは組織の責任を持つもの

例えばその方が仕事をしてなくても、直接関わっていなくても、経営の権利を

持っているなどの場合は『経営者』と言えるでしょう。

 

これを理解してから起業家、実業家の違いを整理していましょう。

◇起業家

「自分自身で新しい事業を興した人」を指します。

事業を引き継いだなどは除きます。

◇企業家

一般的には「企業経営に取り組む者」という意味です。

その企業として今後の展開など会社をこれから伸ばして行こうと思う精神を持っているものが

“企業家”と定義しています。

◇事業家

『事業を行う人』を意味する言葉

事業を上手く回す能力を持ち合わせていると言う発展した意味合いもあります

◇実業家

実業家は事業家より範囲が狭くなります

具体的には生産・流通・販売などの事業をする人をさします

投資をしていて儲けている人など現代ではイメージがありますが

本来使う実業家とは異なります。

ちょっと待ってじゃああの人は何家だ?

・Appleの元CEOスティーブ・ジョブズ

『企業家』になるでしょう。

実業家、資産家、教育者、作家でも有名ですが

imac,iphoneなどの開発、企業の責任者として発表し続けました

 

amazon創始者 ジェフベゾス

『実業家』になります。amazonの流通・生産・販売として全ての責任を彼が背負っております

 

なんとなく理解はできてきたでしょうか?

あなたもこんな彼らのようにビックになるために今日から

行動あるのみです。

思考は現実化するです。