『否定的な人』と上手く付き合う方法を解説、ストレス社会と上手く付き合う方法

こんばんわmasayumeです。

ストレスが絶えない社会、ノンストレスな仕事なんてないってと言ってもいいぐらい

仕事していく上でストレスがあります。

 

かなりジャンルがありますが

その中でも人間関係』はかなり仕事中でもストレスがある項目です

 

その中にある否定的な発言をする人

 

今日は『否定的な人』をテーマ描いていこうと思います。

人間それぞれいろんな人がいてます。その中でも否定的な人、

自分の意見を言わないと気がすまない人。悪い意味で自分を通しすぎる自己中心的な人

そんな人とどうやって上手く付き合えばいいか?

など解説していきます。

 

あなたは大丈夫?すぐに相手を否定する人は好かれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな会話していても

『それは違うよ俺はこうだと思うな!』

 

など否定することが会話の基本になっていてこちらとしてもあなたと話をしていても

全然楽しくないとか言葉のキャッチボールができないってなってしまいがちです。

 

  • 『いや、それは違います』
  • 『全然ダメ』
  • 『それは嫌だ』
  • 『できません』
  • 『無理です』
  • 『やりたくないです』
  • 『他の人に頼んで欲しい』
  • 『今は忙しい』

 

などなど・・・。

否定する理由があるとっても

話の頭から否定的な言葉ばかり並べてくる、上司の人、先輩など周りにいてるかは?

一回は相手になったことがある経験はないでしょうか?

 

『そんな人は無視するべきだ』そんな若いゆとり世代の方もいてるではないでしょうか?

しかし現代社会ではそれは厳しい話です。

 

嫌な先輩でも上手く付き合っていかなくてはなりません。

 

じゃあどうやって付き合って行けばいいか?対策は?

それでは3つご紹介させて頂きます。

『否定的な人』を上手く付き合う対応方法3つご紹介

1.褒めてから本人に聞き返す

 

何を言っても否定してくるので

指摘などしてきたらまずその内容を受け入れてから

質問を投げる方法です。

 

例えば否定されてから➡︎『なるほどそんなところまで見られてるんですね。鋭い指摘ありがとうございます。

何かこれに変わるアイデアなどありませんか?方法などありましたら少し教えてもらえませんか?』

 

などコミュニケーションを取って相手がどんな事を考えているか?

を探るではないですが相手の理想を確認する作業を上手く付き合っていく上で大事な内容になります。

 

2.否定される事前提に代案を用意する

少し1の内容と違ってレベルが格段にあがりますが是非マスターしてください。

このあたりは突っ込んでくるだろうなという内容を先に考えておく事、シュミレーション、頭でイメージでもいいです

しておき、その対策に代案を用意しておく。

 

相手も否定する事で自分の存在意義や権威を出しているパターンもありますので

代案を出すことによって否定されても代案を出してその否定を真っ先に解決させる作戦

 

そこまで用意されているのであれば相手も否定も何もできない状態にならせる。

 

先読みをするということです。これに関してもし

実践済みとかなどであればかなり仕事ができる方です。

 

まだできていない人であればこの仕事の取り組み方ができれば

仕事でのリターンはかなり大きいものになってきますのでマスターしていきましょう。

 

3.自分に原因がないか再度確認する

 

これなら大丈夫100%いけると思って提出した物が

これでもまた否定されてしまった・・・・

この人と仕事するの『やりにくいな』とか『仕事がスムーズにいかないな』って思うときはあるのでしょうはないでしょうか?

しかしそこを上手く乗り越えていかなくてはあなたのレベルもそこまでです。

 

否定的な人上手く接するためにもまずあなたを理解してもらうこと大事ですが

相手を知ること、相手の尊敬できる場所、すごいなと思うところ、しっかり観察することです。

 

相手に興味を示す。そうすればあなたのことも理解して頂き、あなたの仕事も相手との関係も

良くなるのでないでしょうか?